相続にかかる税金とは?

相続税が発生する遺産額は?

相続税は、亡くなった人(被相続人)から相続した財産の合計額が基礎控除額を超えていた場合にかかる税金です。基礎控除額は3000万円+600万円×法定相続人数であり、正味の遺産額から基礎控除額を差し引いた課税遺産総額に対して相続税が課せられます。そのため正味の遺産額が基礎控除額以下であれば、相続税は発生しません。
正味の遺産額には相続した財産の他に、被相続人が亡くなる3年前からの贈与財産と相続時精算課税の対象となる贈与財産も含まれます。相続時精算課税とは、生前に贈与した財産の合計額が2500万円以下なら贈与税がかからないという制度です。しかし贈与税がかからない代わりに、相続時に相続した財産と合わせた額に対して相続税が発生します。一方で非課税財産や葬式費用、債務は遺産総額から控除され、正味の遺産額には含まれません。

相続税がいくらかかるのか計算するには

相続税を計算する際は、まず課税遺産総額を法定相続分どおりに配分し、各法定相続人別に税額を算出します。相続税率は相続する遺産額によって異なるため、法定相続分どおりの取得金額に合わせた税率を適用します。各法定相続人の税額を計算しましたら、それらを合計して相続税の総額を出します。そして相続税の総額を、実際に相続した割合で配分します。税額軽減の対象であれば、配分された税額から控除分を差し引いた額が、実際に納める税額です。配偶者は税額軽減の対象となり、正味の遺産額が1億6000万円以下、または配偶者の法定相続相当額以下であれば相続税は発生しません。他にも税額軽減の対象には、未成年者控除や障害者控除、贈与税額控除などがあります。